【家系図】安倍昭恵の実家は森永製菓の名家?弟はヒット商品開発者!

昭恵夫人

何故か世間を騒がせてしまうこの方…安倍晋三首相の奥様である安倍昭恵さん。

ところが安倍昭恵さんのご実家が、お菓子の会社で有名な『森永製菓』の創業家という、まさに華麗なる一族だという情報を見つけました。なんと安倍昭恵さんはお嬢さまだったのです。
家系図を見るとすごいことがわかりましたよ。

また、安倍昭恵さんには弟さんがいるのですが、森永のヒット商品の開発者だったんです。
有名な飲料品ですよ!こちらも合わせて紹介します。

スポンサーリンク

安倍昭恵夫人の実家の家系図!森永製菓のお嬢様だった

安倍昭恵夫人の実家の家系図がこちら。

昭恵家系図

・・・ややこしい感じがしますね。笑

簡単に説明しますと、
・昭恵夫人のお母さんのご実家(森永家)が森永製菓の創業家
ひぃおじいさん(森永太一郎)が森永製菓の初代社長

森永社長
共同経営者関係にあった昭恵夫人のお父さん側(松崎家)のひぃおじいさん(松崎半三郎)が2代目社長
 (ここがややこしい所ですね。)

森永社長2
社長が森永家と松崎家を行ったり来たり・・・

当時、社内では共同経営者という感じであり、後々「森永の松崎か、松崎の森永か。森永は二人にして一人である」と言われたほどで、また太一郎氏は終生、半三郎氏を信頼していました。

お互い信頼しあって素敵な関係だったのがわかりますね。

その後、社長の座は森永家に戻り、3代目社長に昭恵さんのおじいちゃん(森永太平)が就任されています。

森永社長

松崎昭雄

昭恵夫人のお父さんは4代目社長

昭恵父

森永家の次女 森永恵美子さんと結婚し、松崎昭雄さんが4代目社長となるわけですね。
そして、昭恵さんと勲さんが誕生します。

お父さんは後に会長となり、取締役を経て、現在は相談役に就任されています。
昭恵さんの身近な親戚がみんな森永製菓の社長さんをされているんです。すごいですよね。

ちなみに森永製菓は2019年で創立120周年なんだそうですよ!!
森永製菓の現在 9代目社長・大田栄二郎さん(2019年6月就任)

森永

安倍昭恵

昭恵

昭恵さんは日本を代表する企業の社長令嬢、お嬢様だったのですね!!

小中高とお嬢様学校で知られる聖心女子学院に通った。続けて進んだ聖心女子専門学校卒業後は、大手広告代理店「電通」の新聞局に勤務。グリコ森永事件が起きた84年頃、上司から安倍総理を紹介され、約3年後に結婚。バブル時代に通ったディスコ「ジュリアナ東京」には、嫁いでからも奔放に出没したという。
引用先:Asagei plus

昭恵さんの奔放さは結婚当初から変わってない感じがしますよね。
お嬢様育ちの悪い部分と言いますか、世間と少し離れた感覚は仕方のないことかもしれませんね。

弟はヒット商品『ウィダーinゼリー』開発者?

昭恵夫人には弟・松永勲さんが1人いらっしゃいます。
現在は森永製菓の子会社の森永商事の社長さんです。

昭恵弟

そして松崎勲さんは、ほとんどの方が一度は飲んだことがあるであろう『ウィダーinゼリー』の開発者の一人なのです。

ゼリーは飲むもの。このスタイルを確立したのが「ウイダーinゼリー」だ。“食べる”が常識だったゼリーを“飲む”ものに進化させた。

「飲料の後発メーカーとして新規参入の難しさをいやというほど思い知らされましたが、アスリートの声を多く聞きく中に、これだ!と思い付くものがありました」

ウイダーinゼリー

ウイダーinゼリーのこのパッケージ。今ではゼリー飲料はこのパッケージがあたりまえですが、コレを考えたのが昭恵夫人の弟だったとは驚きです。

松崎勲さんは、森永製菓の次期社長候補と目されているそうですよ。




まとめ

安倍昭恵さんの家系図についてまとめてみました。
ご実家は父方も母方も『森永製菓』という豪華な一族でしたね。
昭恵さんは、世間を色々と騒がせていますが、お嬢様育ちの自由奔放な性格は仕方のないことかもしれませんね。
そして、ウイダーinゼリーやこのパッケージを考えたのが昭恵夫人の弟だったとは…なんだか少し身近に感じますね。